井戸掘削工事 費用一括見積もりフォーム

井戸掘削工事 費用一括見積もりの当社が選ばれる8つの理由

井戸掘り工事 施工例


井戸掘削工事 家庭用井戸 活用例
水やり(散水)、洗車、プール
家庭菜園、ガーデニング
飲料水、調理
風呂、洗濯、掃除、トイレ
消雪、融雪
防災、災害時対策 など

家庭用井戸 活用例

井戸掘削工事 農業・酪農・養殖井戸 活用例
灌漑用水(かんがい用水)
水田、畑
ビニールハウス
養豚、養鶏、酪農、牧場
養殖 など

家庭用井戸 活用例

井戸掘削工事 業務・工業用井戸 活用例
食品加工、各種工業工場
バス会社、タクシー会社
フィットネスクラブ、銭湯
学校(保、幼、小中高大..)
理美容学校、大型商業施設、
ホテル、屋上冷却散水
公共用水(噴水、トイレ)
病院・医療施設
福祉施設、介護施設
災害時対策井戸 など
他、専用水道システム

業務、工業用井戸 活用例

運営会社案内


井戸工事相談所


TEL:
FAX:
E-mail:

>>> 会社概要 詳細

営業時間

11:00~19:00
火、第1・3水、祝、定休


井戸掘り工事 風景

井戸工事で大切なこと 井戸のデメリット

なんにでもありますが 井戸工事にも、デメリットがあります

デメリット その1
工事費用がかかります
井戸を作ると工事費用がかかります。
長期の運用で水道代の削減やその他の恩恵を得られますが、最初に高額な
工事費用が必要となります。
費用は、地域や条件によっても大きく異なるので一概にお伝えする事は
できませんが、ある程度しっかりとした物を作ると一般家庭用の場合で
50万~180万円位を予算として考える必要があります。
費用に大きな開きがあるのは、施工場所の地質や機材の搬入出経路の状況、
希望される水質にする為の浄水機器により違いがあるからです。
モチロン。高額な場合だけでなく、50万円以下で仕上げられる地質や条件も
沢山あります。地域や地質だけでなく、施主のちょっとした希望変更でムダな
費用を抑える事も可能です。
状況に合わせてアドバイスさせていただきますのでご相談ください。

デメリット その2
必ず豊富な水が出て、最高の水質だとは限らない
井戸掘削の前に事前の調査である程度の水質や水量は予測できますが、
必ず しも求めている水質や水量を安く予算内でできるとは限りません。
水質などは除菌器や浄水器などでコントロールできますが、将来のあなたの
運用コストなども考慮して、ご希望に添えない場合は、事前の調査段階で
井戸工事を断られる場合があります。

デメリット その3
地域・地質
地域や地質によって、工事費用が大きく異なります。
また、同じ地域でも地中や近隣の状況は様々で調べてみなければわかりません。
もちろん、事前の調査、見積りで大凡の状況を確認できますので心配無用です。

ちなみに井戸工事の費用に大きく影響するのは、以下の4点です。
・希望の水質・水量を確保するための深さ
・岩盤の有無
・水質を改善するための設備
・井戸工事をする立地(機材の搬入出、設置条件)

デメリット その4
水 質
掘削する地域や場所によって地下水の水質はまったく異なります。
必ずしも良質な水がでるとは限りません。水質によっては、鉄分、マンガン、
塩分などを抑える除菌器やろ過器が必要となります。
水質の調整は、機器の設置などで解決できますが、希望する水質に
よって機器を含めた工事費用は大きく変わります。
希望されている地区での大凡の水質や機器を含めた費用は、事前に
予測を立てられますので見積り時に業者と詳しく打ち合わせする事で
想定外を避けられます。

デメリット その5
水 量
浅い井戸の場合、雨水の影響や近隣の大規模工事などの影響を
受けやすい為、長年使用する中で水質と共に水量も変化する場合があり、
水が濁ったり、出なくなったりする場合があります。
ただ、業者の中には単に深く掘って費用をアップさせようとする業者も
います。水質や水量は、その地域や地質によっては浅い方が条件が良い
場合もあります。単に深ければよいと言うものでもありませんので、複数の
業者の提案や見積りを比較して検討する事が大切です。

デメリット その6
メンテナンス
使用頻度や水質など様々な条件により異なりますが、井戸を長持ちさせる
為には、定期的な井戸洗浄や揚水ポンプのメンテナンスが必要です。
井戸自体も数年~数十年使用すると『SOS』信号を発します。
それはどんなものか。例えば
  ・水が濁りだした
  ・以前に比べて水の出が悪くなった
  ・水に砂が混じるようになった
早期発見、早期治療が井戸を長持ちさせ、費用も抑えられます。
飲料用の井戸ならば、3~5年。
定期的なメンテナンスをお薦めします。

デメリット その7
ポンプ
電動ポンプを使用の場合は、電気代がかかります。
この電気代は、ほとんどの場合水道料金より、はるかに安いものです。
自動給水ポンプを使用の場合は、停電時に水が使えなくなります。
停電時にも使用したい場合は、手動ポンプとの併用か、自家発電機の
用意が必要です。

デメリット その8
業務用としての井戸
業務用としての使用は、家庭用と異なり希望の水質や水量を実現する
為にポンプ、浄水設備など掘削工事費用も含め高額になり、
設備投資としては安くありません。
もちろん、業務用として使用する水道料金の削減ができる事を考えると
比較的短期間で井戸工事費用の元を取ることができ、以降は水道料金
削減対策としてプラスになります。

ただ、家庭用と異なり業務用は、大量に地下水を使用する為、自治体への
報告義務が生じます。
また地域や用途によっては、地下水使用の許可が取り難い場合もあります。

デメリット その9
騒 音
これは、通常の水道工事でも同じなのでデメリットとも言えませんが
井戸工事では、工事の工法によって工事中に大きな音がでます。
住宅密集地など近隣への配慮が必要となります。
工事の工法は、地質やご希望の内容によって異なります。比較的音の
小さな工法もありますが、音の大小で工事の工法を選ぶ事はできません。
工事内容に合わせた工法となりますので、気にされる場合は事前に業者へ
確認される事をお薦めいたします。

>> 井戸のメリット

   

メールでの「井戸工事 見積もりご相談」は、下記ボタンのメールフォームより24時間ご依頼いただけます。

井戸掘削工事 費用 一括見積もりフォーム

お電話での「井戸掘削工事 一括見積もり依頼」 井戸工事のご依頼はこちら。 井戸工事のご相談、お見積、すべて無料です。 私たちが、井戸作りのサポートをいたします。 お気軽にお電話ください。

 
ページ上部へ戻る